借金の時効・消滅時効の援用に関する無料お問合わせ


借金、携帯電話料金、家賃の時効援用

メール無料相談24時間受付
消滅時効の援用に関する無料お問合わせはこちら
行政書士

消滅時効の援用とは?

消費者金融や携帯電話事業者、家主などの債権者へ最後に返済してから5年以上が経っている場合、消滅時効により支払い義務が消滅しているかもしれません。 この場合、債権者に対して、「消滅時効援用の意思表示をします」と伝えること(消滅時効の援用)により、債権が消滅します。
※貸主などの内容によっては最後に返済してから10年以上経たないと消滅しないケースもあります。

ご契約後、原則ご相談者様ご自身で行っていただく作業は御座いません。

時効は、下記@〜Bの事由によって妨げられ、最終支払日から5年経過していても時効が成立しないことがあります。
@請求、A差押え、仮差押えまたは仮処分、B債務の承認

具体的には、債権者から訴訟提起された場合・内容証明郵便にて請求をされた場合・債権者に支払いを約束した場合等に時効の成立が妨げられる場合があります。
詳しくはお問合わせください。

信用情報(ブラックリスト)の専門家

アヴァンス行政書士法人は年間約1,800名様から信用情報開示手続の依頼を受ける日本でも数少ない信用情報(ブラックリスト)の専門家でもあります。ただ単に、消滅時効援用をして借金を消すだけでなく、時効援用手続を行うことによりお客様の信用情報(ブラックリスト)がどう変化し、いつになればカードや住宅ローンの申込が出来るのかまで詳しく説明が可能です。
今後のお客様の人生設計にもかかわる大切な信用情報(ブラックリスト)の詳しい説明までご希望されるのであれば、ぜひ信用情報にも知識・経験豊富なアヴァンス行政書士法人にご相談下さいませ。

消滅時効で処理した場合と、完済した場合でブラックリストから消えるまでの期間や登録方法に違いはあるの?

一般的に返済予定日から3ヶ月以上入金がない場合、延滞記録(いわゆるブラック情報)が信用情報機関に登録されます。
また一度付いてしまった延滞記録(ブラック情報)は、残念ながら完済してもなお一定期間残り続けてしまうケースが多いです(JICCにおいては1年間、CICにおいては5年間)。
そのため延滞後、完済されたにもかかわらず、一定期間は住宅ローンが通らなかったり、携帯電話の分割払いが出来なかったり、クレジットカードが作れなかったりすることがございます。
それに対し時効援用にて債務を消滅させることが出来れば、JICCの場合、時効援用から1ヶ月程度に大元の業者名からすべて削除され、真っ白になります。
CICの場合は完済されたときと同じく5年間残る場合と、JICCと同じように1ヶ月程度で大元の業者名からすべて削除される場合があります。(詳しくはお電話でご説明致します)
よって信用情報においては、完済なさるより消滅時効で処理されたほうが早く信用情報がきれいになる可能性が高いと言えます。

消滅時効援用の費用

通常、1債権あたり30,000円のところ

ご好評につき、費用減額しました!
・通常債権 1件あたり 25,000円
さらに費用上限 100,000円(例えば、通常債権5件でも6件でも一律100,000円に致します。)

※10件以上ご依頼いただく場合は応相談。
※各費用は消費税別。実費は含まれます。

どこで借りたか(業者名)が分からなくてもお調べるすることも可能です。
詳しくはお問い合わせください。

※消滅時効の援用に関するお問合わせ、ご相談は無料です。

時効のチェック
メール無料相談24時間受付
消滅時効の援用に関する無料相談はこちら

※債権者が、時効の中断事由など対抗要件を備えていた場合は、援用が認められない場合がございます